品質を支える弊社の技術についてご紹介いたします 

給排水器具の製造・試作を依頼する際に、「図面とおりに製作可能なのか」「精度の高いものは作れるのか」といった点はもちろん気になるポイントだと思います。
特に特殊継手・バルブなどの給排水器具を製造する際には、切削加工の技術が出来上がりに大きく関わってきます。ここでは、高精度な器具・部品製造を支える、弊社の切削加工の秘訣とその事例についてご紹介いたします。

秘訣その1.オリジナルの治具製作

画像 切削には欠かせないワーク固定のための治具ですが、必要に応じて治具を自社内で製作しています。最新の機械を使っても対応できない加工でも、治具ひとつで可能になることが多くあります。それだけ治具には切削の技術とノウハウがつまっています。

治具工夫のメリット

画像 弊社では治具の内製化につとめていますが、治具に工夫をすることによって、工程を少なくしたり、効率の良い方法で適切な精度を得る事が可能となります。また、それだけコストは下がり、納期も短縮できる事もあります。またリピートにも素早い対応を心がけています。

秘訣その2.オリジナルの加工プログラム

画像 機械が無駄な動きをしてしまうことのないよう、加工プログラムにも工夫をしています。弊社ではCADシステムを保持していますので、お客様からの設計データをスムーズに加工にまわすことが可能です。ただし、加工方法や順序を考慮して、手動による切削プログラムのインプットをすることも多く、ここが加工技術者としてのアイデアの使いどころです。

切削加工実績一覧

NC旋盤(フォーカート)の加工

画像 角度を重要視した加工であるため、ワンチャッキングにて行っています。 チャッキングしなおして加工するほうが手順は簡単です。ただし、それでは微妙なズレが発生してしまいます。やはりワンチャッキングでの加工が必要であり、治具製作がポイントになってきます。

タッピングマシーンの加工

画像 穴の種類や位置決めを数値制御しますので、精度を出すことができます。複数の加工を行う際にはタッピングマシーンを使用し、精度を落とさず効率よく加工します。

マシニングセンターでの加工

画像 複合的な加工をする際にはマシニングセンターを使用します。どのような切削加工が必要であるかにあわせて、タッピングマシーンとマシニングセンターを使い分け、最も効率のよい加工をします。
穴あけやねじ立てなど、銅合金加工に関しては治具をはじめとして様々な工夫を行っています。

高い切削加工技術で高精度な器具・部品を製造にも対応いたします

画像 弊社の安定した品質での製造を支える秘訣についてご紹介いたしました。 このように高い切削加工技術へのこだわりと、『やってみないとわからない』をモットーに、高精度な器具・部品を製造してほしいというお客様のご要望にお応えいたします。

給排水器具製造のことならお気軽にご相談ください。
試作・小ロット対応はもちろん、材質や加工方法の見直しで
新製品開発・製造のお手伝いをいたします。
TEL:06-6712-3153
営業時間:8:30~17:15(定休日:土日祝)
営業時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

メールでのお問合わせはこちら

ページ上部へ

フォームよりお問合わせの方はこちらをクリックしてください。

お問合わせ

お電話でのお問合わせはこちらtel:06-6712-3153お気軽にお問合わせください。

方針

  • 企業方針
  • 品質方針
  • 環境方針

株式会社村井水栓製作所
大阪市生野区桃谷3-17-9【MAP
TEL:06-6712-3153
FAX:06-6712-3177
営業時間:8:30~17:15
定休日:土日祝

Copyright(C) 株式会社村井水栓製作所 All Rights Reserved.